リッドキララ 使い方

リッドキララの効果的な正しい使い方と注意点

まぶたが重くなってきた・まぶたが下がって目が小さくなってきたなど、まぶたにお悩みの方に支持されているリッドキララ。

 

まぶたにハリが戻った・目がパッチリになったなど、効果を実感したという口コミが多く寄せられています。しかし、せっかくの効果も正しい使い方をしないと実感しにくくなります。

 

そこで、リッドキララの正しい使い方についてポイントやコツや注意点を、詳しくご紹介します。

 

 

リッドキララの正しい使い方

 

準備

まず洗顔でメイク汚れや余分な皮脂を優しく洗い流します。その後、基礎化粧品(化粧水・美容液・乳液・クリーム等)でお肌を整えます。

 

※基礎化粧品に含まれている油分や水分が馴染み乾いてから、リッドキララを使ってください。肌に油分や水分が残っていると、ジェルが肌に密着せず3次元密着フィルムが上手く形成されず十分な変化が実感しにくくなります。

 

Step1

リッドキララを両まぶた分の目安量1プッシュを手の甲に取り、その半分量を片方のまぶたに4点にバランス良くのせます。

 

※このとき目尻や目頭のギリギリまで塗ると目に入る恐れがあるので注意してください。

 

Step2

目元を引き上げるような感覚で、目頭からこめかみへ目尻の横からこめかみへ、優しくジェルを伸ばし馴染ませます。

 

※指先を滑らせるように引き上げ、そのままこめかみの位置で5秒ほど維持してください。

 

Step3

片方の手でまぶたを引き上げた状態で、もう片方の手で5〜10秒程度優しくおさえキープします。このことによりジェルの浸透が高まります。

 

Step4

片方の手でまぶたを引き上げた状態で、塗った部分をトントンと指で優しく馴染ませます。

 

※引き上げた状態のまま馴染ませることでよりハリが出やすくなります。

 

Step5

もう片方のまぶたも同様にケアしてください。

 

 

リッドキララの使用回数の目安

 

朝夜の1日2回、毎日の使用が推奨されています。リッドキララは塗って直ぐ実感できる即効性の他に、継続して使用することで実感できる持続性もあります。そのため、毎日の使用がおすすめです。

 

 

リッドキララの使用上の注意

 

目に入らないように、まつげの生え際ギリギリまで塗らないこと
強くこすらない

 

まぶたなど目の周りの皮膚はとても薄くデリケートです。強くこすったりマッサージなどは、色素沈着やたるみの原因になる恐れがあります。優しく馴染ませてください。

 

リッドキララを正しく使用して、多くの方が実感した効果をぜひ感じてみてくださいね。

 

 

>>リッドキララ全額返金保証付きでの購入はこちらから